トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月31日 (月)

何も分かってないなぁ

私の妻が、保育園児の給食をパートタイムで作っていることを以前紹介した。そう、役たたず社員Aと、もう1名のパートタイマーCが働いている給食室だ。Cさんは、給食のデザートにリンゴを出そうとしていた。保育園である。やはり、デザートでも何でも可愛いのがいいではないか。ということで、リンゴをうさぎの形にしてデザートにした。赤い色の皮がうさぎの耳になるやつである。もちろん、リンゴの皮が残飯になることは承知である。しかし、可愛く仕上げることで、「今日の給食はかわいい!」と思ってくれれば、それで良いのである。

給食後、案の定、リンゴの皮は残飯になった。ここで、役立たず社員A、「ほぅら、残飯になったじゃない。どうせ、残るんだから、私はリンゴの皮を全部むくのよ!」だって。なぁ~んにも分かってない! いったい、何年間給食室で働いてんだよ。しかも、保育園だぞ。かわいく作って、盛り付けもかわいらしくするのが当たり前だろ。ヽ(`⌒´メ)ノ ユルサン 盛り付けだってろくに出来ない役たたず社員Aの言いそうなことである。と、いうことで、もう、Cさんは怒りまくり (`´)ムカムカ。もう、うさぎのリンゴは作るまいと思ったそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土)

国産和牛食べられるか?

妻の実家で、国産和牛を焼肉用として買ったので、今日食べに行くことになっていた。妻の実家までは車で約90分である。妻の実家に行くときは、いつも普通車(ワゴンタイプ)で行く。軽自動車もあるが、普通車の方が遠乗りには楽だからである。

平日は、娘は徒歩通学、私は自転車通勤、妻は軽自動車でパートタイム勤務、というわけで、週末しか普通車は働かない。まして、燃費が悪いので、このガソリン価格高騰もあって、3週間程度乗っていなかった。

さぁ、今日は焼肉だぁ! とはりきって、エンジンを温めようと普通車のキーを回したら、ガガッとなんだかにぶい音。もう一度キーを回す。ん!!反応がないえっ、バッテリーがあがった!! えっ、妻の実家に普通車で行けないではないか? 急いで軽自動車のバッテリーと普通車のバッテリーを専用工具で、おっかなびっくりしながら(感電しないだろうなぁと思いながら)接続した。こんな経験は初めてだったので、怖かった。軽自動車で普通車(排気量3000cc超えの大型車だ)のバッテリーを復活させられるだろうか? なんと一発で普通車のエンジンがかかった。エンジンが止まらないうちに、ディーラーへ直行。「寿命ですね」と言われ、交換したのである。お金はかかったが、国産和牛2Kgの料金にくらべれば安いもんだ。まずは一安心。妻の実家で、うまい焼肉を食べることが出来た。めでたし、めでたし。というわけで、いろいろあったが、たった今無事に帰宅したところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

おはずかしい

数日前のブログで、パソコンが起動出来なくなったことを書いた。仕方が無いので、リカバリを実行した。リカバリの基本は、購入時の状態でリカバリすること。つまり、周辺機器をとりつけたり、メモリ増設したりしていた場合、全て外して購入当初の状態にすることである。そのため、ディスプレイと本体をつなぐケーブルを外して、本体を少し改造(購入当初に戻す)して、リカバリを行った(数日前の話)。リカバリは成功した。購入当初はWindows XPでServicePack2ではなかったので、ServicePack2をインストールした。このとき、音が出なくなることは知っていた(過去に数回リカバリは行っていて、そのたびに経験している)。音を出すためには修正サウンドドライバのインストールが必要であることも知っていた。しかし、修正ドライバをインストールしても音が出ないのである。

故障だ!と思い込み、メーカーにクレームの電話をした。対応者は懇切丁寧だった。怒りは少しづつ治まった。「ここは、現在どうなっていますか? そうですか、では、そこは問題ありませんね。」という会話が繰り返された。そのとき、「ご相談のパソコンのディスプレイは、画像を表示するためのケーブルと音声(ディスプレイにスピーカがついてる)用のケーブルの2本接続する必要がありますね」。ドキ!! 音声用ケーブルを接続した覚えがない!! 「あぁ、音声用ケーブル繋がってないです(≧▼≦;) アチャー」と私。「では、それを接続して、音が出るか試してみて下さい」と言われ、もちろん、音は出た。とんだ大恥をかいてしまった私である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

インフルエンザ予防接種

今期は新型のインフルエンザが流行するとのこと。そこで、毎年行っている予防接種をぜひ受けなければと心に決めた。そこで、病院で予防接種を受けるわけだが、実は私が通勤している会社では病院の先生が予防接種をするために来てくれる。もちろん実費精算である。ただ、病院に行く手間がはぶけるので時間が無い人には都合が良い。ただし、3500円である。チト高い。

そこで、近所の病院に電話をかけまくり、インフルエンザ予防接種料金の比較をした。悪いとは思ったが、会社の電話を私用電話として使わせて頂いた。言い訳するのも何だが、5分程度である。私はタバコを吸わないので、タバコを吸っている人が喫煙所で一服していることを思えば、この程度の時間を私用に使っても良いと思う。息抜きにもなるし。

やはり、毎年受けている病院(正確にはベッド数が20未満なので、病院ではない)が安かった。2000円(子供は2回接種で3000円)である。ちなみに、同僚数人(サンプルが少ないが)に聞いてみたが、意外と予防接種を受けるという意思表示をした人は少なかった。理由は当たりはずれがあるから、とのこと。しかし、我が家では、金銭的に苦しくても毎年、予防接種を受けている。ここ数年で、娘1名が去年インフルエンザになっただけである。予防接種のおかげかは定かではないが、今年も予防接種を受けようと思っている。料金が高いからという理由で予防接種を受けていない方には、安い料金設定の病院もあるので、予防接種を受けることをお勧めする。接骨院や胃腸科が安いという傾向があるようだが、地域によっても違うと思うので、電話をかけまくることをお勧めする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

役立たず社員

私の妻は、パートタイマーで保育園児の給食を作っている。園児の数は100人程度である。給食作りは、給食室の社員Aと、私の妻Bと、もう一名パートタイマーの職員Cの3人で行っている。ここで問題なのは、給食室の社員Aである。なぜ問題なのかというと、協調性が全くなく、パートタイマーの職員はいつも半年程度で辞めてしまう。社員Aの人柄がひどく、さらに、「役たたず」だからである。いない方が余程給食作りは進む。しかし、社員なのでクビに出来ないので、パートタイマーの職員が仕方がなく辞めざるを得ないのである。

これから書くことは、昨日の出来事である。いつものように3人で給食を順調に作っていた。私の妻Bは、給食の材料に使う10個の缶詰を開け始めた。缶切で開けるわけではない。また、くるくる回して缶詰の周囲を開けるタイプでもない。プルトップがついていて、「パカッ!」と開けるタイプである。1個空けるのに要する時間は3秒程度である。ところが、1個開けたら、社員Aが忍び寄ってきて一緒になって缶詰を開け始めた。たかが10個の缶詰を二人で開けるのか?全て開けても1分もかからない作業なのに。他にやることは沢山あるだろ!! もーっ!!、いい加減にして! 早く辞めたいと妻が申しております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

禁酒生活はきつい

禁酒生活6日目。プロフィールにも書いているが、アルコールについては、ドクターストップ状態だ。そのため、いままで数々の方法で紛らわしてきた。ここでは、本日の夕食(かなり残業したので夜食が正解か?)時に行った禁酒に耐える方法を紹介する。

用意したものは、炭酸水と天然果汁100%グレープジュースとジョッキと氷。もう、おわかりだと思うが、氷の入ったジョッキに炭酸水とジュースを1:1に入れる。マドラーと言いたいところだが、持っていないので箸でかき混ぜて、グレープサワーもどき完成。以外とイケる味だった。炭酸の微妙なシュワシュワ感が、サワーを思わせる。おそらく使用する炭酸水にも依存すると思うが、本日用意した炭酸水は購入して正解だった。そして、グレープジュースが変に甘くないのも良かった。明日も、まだ残りがあるので、同じものにしようと考えている。

もともと夏はビール・冬は熱燗派だったが、今はまだ、サワーもどきで我慢出来る。しかし、これから寒い冬がやってくる。冬にサワーというのもどうかと。。。何か良いアイディアは無いだろうか?今から心配している今日この頃である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

日曜大工で大失敗

我が家には、デスクトップパソコンが2台ある。そのうち、1台は市販品のパソコンデスクに納まっているが、もう1台は置き場が無い。そこで、家内が不要になった食事用テーブルの足を付け替えて、その1台のパソコンを置くというのだ。まぁ、勝手にやってくれ!という感じだった。低い足から高い足への変更である。機械オンチだがこういうことは以外と器用である。しかし、今日の日曜大工は失敗の連続である。

まず、足をつけるために電動ドリルで、鼻歌を歌いながら気持ちよく ρ(^o^)♪ テーブルに対して垂直にネジをつけて、足をとりかえた。分かりますか?テーブルの表面が畳に向いていて、足が垂直に天井に向いているという状態である。「あぁ~~出来た」とテーブルをひっくり返したら、なんと、ネジがテーブル表面に突き出ているではないか? パソコンという大切な機械をおく台なのに、ネジが出ている えっー(ё_ё) (ё。ё)なにっー

仕方が無いので、そのままの状態でパソコンを移動。移動したので、試しに電源投入。えぇ、立ち上がらない。('o'=) ウソ!? セーフモードでもダメ。あぁ~~、余計なことしてくれたよなぁ。フォーマットからやりなおしだよ。( >_;)/~ カナシイケド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

便利な携帯電話

妻と娘二人が出かけるため、私は軽自動車で3人を最寄の駅まで送迎した。このとき、自宅の鍵をかけたのは妻だ。私は携帯電話すら忘れるところだったが、かろうじて忘れていることに気づき、ズボンのポケットに携帯電話を入れた。しかし、これは、これから始まる悲劇の序章にすぎなかった。

送迎後、自宅に到着。玄関の鍵を開けようとボケットをさぐると、無い!鍵が無い! あわてて、かろうじて出発前に携帯出来た携帯電話で妻の携帯に電話した。「まだ電車にのらないで」と。あぁ、出発前に妻に「あっ、携帯電話忘れた! でもいいや」と言ったのだが、妻は持ってきてくれた。この妻のやさしさに感謝。このおかげで、電車は数本通過させてしまったが、無事用事に間に合ったようである。

あぁ、携帯電話って、なんて便利なんだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年11月 »